スシローの求人☆検索サイト6選

TOP > スシローの求人情報 > スシローでアルバイトの面接を受ける時のポイント

スシローでアルバイトの面接を受ける時のポイント

 スシローは全国展開しているチェーンの回転寿司であり、知らない人はいないと言っても言い過ぎではないのではないでしょうか。
全国各地に店舗があることから、人手を求めている求人頻繁に目にするようになりました。
求人情報サイトや求人情報誌はもちろん、店頭に張り紙があったりと、求人も多いのでアルバイトを始めたいと考えている人は、興味を持つのではないでしょうか。
スシローは未経験者も歓迎しており、学生や主婦はもちろん、孫がいる世代の人まで幅広い人材を採用しているので、バイトとして働くことは簡単だと感じてしまいがちです。
しかし、人手を求めているスシローでも、不採用となってしまうケースもあります。
面接対策をしっかりとしてから当日を迎えるということが、大切になってくるのではないでしょうか。

 シフトインすることができる時間帯が、スシロー側が人手を求めている時間帯とは重ならないとなれば、不採用になってしまうのは当然のことであり、そればどちらのせいでもないので落ち込む必要はありません。
しかし、いつでも入れるなどお店側としては本来ありがたいシフト状況を伝えているにも関わらず、不採用となってしまうケースもあります。
不採用になる人は、面接で失敗してしまっているケースが大半です。
アルバイトだからと油断するのではなく、きちんとした身だしなみと振る舞いで臨むようにしましょう。
身だしなみに関しては、アルバイトなのでスーツを着る必要はありませんが、カジュアルすぎる服装はやめておき、ジャケットを羽織るなど社会一般的に常識のある格好をしていくようにし、清潔感を大切にしておくべきです。

 身だしなみが他人に与える印象はかなり大きく、面接となれば第一印象のイメージはなかなか変えることはできません。
だからこそ、第一印象で良いと感じてもらうことができれば、その後の面接の時間も有利に話を進めることにつながるのではないでしょうか。
身だしなみだけではなく、大きな声でハキハキと、相手の目を見て笑顔で話すなど全て人として基本と言えることですが、守っておく必要があり普段以上に気をつけておきましょう。
人気も高い求人だからこそ、応募が複数あった場合には他人よりも採用して共に働きたいと感じてもらう必要があります。
アルバイトとなれば、それほど期待されていることはなく、最低限のマナーと常識があるのかという基本がしっかりとしていれば、不採用となることはあまりないと言えるのではないでしょうか。

次の記事へ

MENU